忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

玻璃

SS『玻璃』


 魔の気配の満ちる空間に、複数の影。
 大魔王バーンの傍らに、腹心ミストバーン――ではなく、死神キルバーンが佇んでいる。
 超魔生物への改造、ダイとの交戦を経たハドラーは自室に控え、ミストバーンも席を外している。
 短時間とはいえ死神と二人きりなど心胆を寒からしめる状況だが、怖気づく大魔王ではない。
「随分と態度が違うな」
 大魔王の呟きが指しているのは、謁見前のミストバーンとのやりとりだった。
 今までキルバーンはハドラーを軽視し、それを隠そうともしなかった。反応を楽しみ、玩具のように扱っていた。
 軽い刺激を求める程度の気持ちで、ハドラーの処刑を唱えてもおかしくなかった。
 だが今回、ハドラーを露骨に馬鹿にする真似はせず、ミストバーンに心配しないよう告げたのだ。
 他にもハドラーの顔を立てて戦闘において手出しを控えたり、海に落ちた彼の様子をミストバーンに見に行かせたりしている。
 常の死神からは想像できない行動だ。

 常識的に考えれば、キルバーンがミストバーンに配慮するのは何もおかしな話ではない。
 長い時間を共に過ごす人物との関係が険悪になるのは避けたいだろう。
 敵を作らないよう立ち回るのは自然な行動だ。
 あくまで、普通の仲間ならば。
 死神は、他人からの好悪の念には拘泥しない。
 己より遥かに強大な力を持つ相手の前で、ふてぶてしく笑っていられる性根の持ち主である。
 恐怖を知らぬかのように。
 闇雲に喧嘩を売ることはせず、己にとって煩わしい事態に発展しない程度に空気を読むものの、それ以上の行動には出ない。
 敵だけでなく同じ陣営の者に対しても茶化すような態度を取り、嫌われようと気にせずにいた。

 どれほど疎まれ憎まれようと、痛痒を感じない。
 周囲から好かれようと望むことも、そのために動くこともしない。
 支障なく過ごすだけならば、ミストバーンに見せたような気遣いは必要ない。
「似合わんことをするものだ」
「そりゃあ機嫌を損ねたくないですからね。唯一友人と呼べる相手ですし」
 さらりとした口調は本気で言っているか疑わしい。
 唯一の友人と言いながらも、別の相手に関心を抱くことを不快に感じている様子はない。
「疎ましくはないのだな」
「わかってるくせに、心配要らないことくらい。新しく宝物を手に入れたって、持ってるものを軽く感じる性格じゃないでしょう」
 遠慮なく言い返したキルバーンは、声を潜めた。
「……それで苦しむことになってもね」

 死神は手を伸ばし、己の隣の空いた空間を指し示した。
「誰にどんな感情を抱こうと、彼がいる場所はここだ」
 大魔王の傍ら。
 死神と対になるかのような位置。
「ふ……」
 大魔王は笑みを刻んだ。声ににじむ余裕と確信は死神と同じだ。
 伸ばした指の先へちらりと視線を向けて、死神が呟く。
「ボクのやることが似合わないと仰いますけど、楽しみを優先しているだけですよ」
 訪れる結末を考えれば、友人にはあまり入れ込まぬよう勧めるべきかもしれない。
 彼が望む方向とは真逆の結果が顔を覗かせている。
 ハドラーは高みを目指す戦士となったことで、過酷な戦いに臨み、無惨に命を絶たれてしまう可能性が高い。
 大魔王のハドラーに対する認識を考えれば、駒として切り捨てる未来もありうる。ミストバーンが主君の決定に逆らうはずもなく、心を痛めながらも見殺しにするだろう。
 対象を目映く感じるほど、光は炎と化して己を焼く。
 大魔王の腹心という立場で他者に情を抱くのは諸刃の剣。火種に触れようとするような行為だが、死神は警告しない。
「カッとなって無茶をするなら止めますけどね。そうじゃないなら――」
 続く言葉の代わりに、横へ伸ばしていた手を下ろす。
 何も考えず猛火に突っ込むような、周囲が見えていない無謀な突撃ならば制止する。
 だが、心を焼かれることになろうと、輝きを見出し、手を伸ばすのならば本人の意思に任せる。
 そうして敵対する陣営同士の友情が形成されたように。

 何らかの道や信念に己を捧げる生き方。強い感情に彩られた表情。
 それらは他の相手でも楽しんでいるが、内容は異なる。
 普段は尊重しようとは露ほどにも思わず、弄び、憤懣や絶望を味わうだけだ。
 友人に関しては心の動きを眺め、時には背を押す。
「その結果どうなろうと、楽しめる」
 酷薄な言葉は、水晶細工を扱うかのように柔らかい口調だった。

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

最新記事

(10/14)
(10/07)
(09/30)
(09/30)
(09/23)

リンク