忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

神の器

SS『神の器』

 夢幻のように青い空が広がっている。
 陽光が暖かく照らすのは、小鳥が囀り花々が咲き乱れる世界。
 今、碧空には金色の影が舞う。
 鳥のように見えるが、備えているのは柔らかな羽毛ではない。
 輝く鱗と厳つい翼だ。
 竜に似た姿であるものの、腕が翼に変じたような形状をしている。
 彼らが睥睨するのは対照的な二名。
 片や、肉弾戦のためにあるかのような、筋骨隆々たる肉体の持ち主。緑の肌は人に非ざる種族だと告げている。
 もう片方は神官や魔道士といった風体の青年。こちらは人間に見える。
 前者が切り込み、後者が魔法を放ち援護する――大半の者がそう予想するだろう。

 二人の行動は外見を裏切るものだった。
 男が爆裂呪文を飛ばし、宙の影を揺るがせる。
 躊躇いなく切り込んだのは細面の若者の方だ。
 敵が空を裂いて降下するより先に、力強く大地を蹴って跳び上がる。
 背に飛び乗った彼は、踵を打ちつけた。
 ステップを踏むような仕草だが、生じたのは重い音。
 金属にも劣らぬ鱗が、枯れ葉同然に砕け散ったのだ。
 破片が舞い落ちる中、青年は別の相手に飛びかかる。
 指を組み、拳を両目の間に叩きつけると、固い物が砕ける音が響いた。

 数体を仕留め、青年が地に降りた矢先、世界が鳴動した。
 隆起する大地から白銀の巨獣が姿を現した。
 大地の意思の具現化したような威容。プラチナに輝く体は岩石を連想させる。強固な外皮が鎧のごとく全身を覆い、攻撃を届かせるのは至難の業だ。
 男は正確に皮の継ぎ目を狙い、剣を突き立てる。
 男の戦い方は理にかなっている。
 防御の固い相手を攻撃するならば、急所を突くのは当然のことだ。
 おかしいのは、青年の方だった。
 彼は正面から殴りつけた。
 それだけで巨躯に陥没が生じ、獣は身を震わせる。

 神話さながらの光景に新たな色が加わった。
 紫の炎が虚空に幾つも立ち上る。
 揺らめく焔は人型へと変じ、鎧を形作った。彼らの纏う青いオーラは冷気を帯びていた。
 動く様は人形のようで、感情を窺わせない。
 彼らは剣を抜き放ち、殺到する。
 四方八方から迫る、蒼い光をにじませた刃。
 男が対処する様は歴戦の勇士と呼ぶに相応しい。
 あるものは右腕に仕込まれた剣で止め、あるものは身を捻って躱す。受け流すこともあれば、痛手にならぬ攻撃は体を掠めるに任せる。
 一瞬で見極め実行するには力量と胆力が必要だ。
 経験を活かした立ち回りの傍らで、理不尽が猛威を振るう。
 青年は振り返ることすらせず、掌を後方へ向けた。生半可な盾など両断される斬撃を、いともたやすく受け止める。
 反撃する最中も彼へと攻撃が降り注ぐが、全て無意味だ。
 切っ先が首筋や鳩尾、顔面に叩きつけられ、ことごとく弾かれる。
 傷一つない青年が手を翻しただけで鎧が砕かれ、騎士達は言葉を発することなく消えてゆく。
 圧倒的な力に呑まれて。

 敵にとっての絶望が味方に希望をもたらすとは限らない。
 ひとまず一陣を掃除した若者の姿を見、男は唾を飲んだ。
 敵の凄絶な死に様に似つかわしくない静かな佇まいに、背に冷たいものを感じた。相手が殺気を向ける対象は己ではないのに、身に震えが走る。
 超魔生物へと改造された体の調子は決して悪くない。
 すこぶる快調と言える。
 強力な味方と、残された時間。
 憂う要素はないはずだが、何かが重くのしかかる。
 神々の遺産たる竜の騎士。
 彼らと互角以上に戦える大魔王バーン。
 そして、その大魔王をも上回る男。
 紛れもなく魔王軍最強の存在は彼だ。
 膂力や闘気が優れているだけならば、素直に感嘆したかもしれない。
 だが、青年の強さは異質だった。
 疲労も負傷も一切考慮しない戦い方。それに相応しく、攻撃を受けても掠り傷すら負わない光景。
 ただただ敵を屠る姿からは殺意以外感じられない。
 鍛え上げた力で敵を打ちのめす興奮も、さらなる高みを目指す闘志も、何も見えない。
 まるで、空虚な器だ。
 魔界の神と呼ばれる大魔王の武器そのもの。
 神々の領域に達した戦場に投入される兵器。

 物言わぬ軍勢が標的を変える。
 気圧されたかのごとく動きを止めた男へと。
 青年が割って入り、応戦するものの、滅びを免れた者が迫る。
 深緑の姿が紫と青の波に呑まれたかに見えた刹那、光が溢れた。
 炎の暗黒闘気――魔炎気を乗せた一閃が敵陣を切り裂いたのだ。
 気迫のこもった一撃に波濤が断ち割られた。
 生じた空間に烈風が流れる。
 青年が走り込み、拳を地に叩きつけたのだ。
 流星が落下したかのように大地が引き裂かれ、無惨な姿を晒す。
 衝撃が騎士達を打ち据え、完全に体勢を崩した彼らに大いなる閃熱が降り注いだ。

 空から接近する者達を迎えたのは爆裂呪文の嵐。
 ばらまかれた弾幕に突っ込む形になり、身を揺るがせた彼らの頭部が爆ぜた。
 なしたのは青年だが、魔法を行使したわけではない。
 ひび割れた地面から石を拾い上げ、投擲しただけだ。
 若者の手が巨獣の体躯を叩き割ると、男は裂け目へと掌を突き出す。
 火炎が獣の体内を駆け巡り、放出された。声なき悲鳴が空気を震わせ、それもすぐに霧散する。
 味方の悲惨な最期にも怯まず、騎士は刃を振りかざす。
 男は致命傷にはならないとふんでくらう覚悟を決めるが、痛みは来なかった。
 蒼白い衣に包まれた腕が遮ったためだ。
 礼を言う代わりに、別方向から若者へと繰り出された剣を男は食い止める。
 互いへの攻撃を防いだのも一瞬、交差するように地を蹴り、反撃へ転じる。
 手首から放出された鎖が敵の身を打ち、よろめかせる。その隙に青年の手刀が鳩尾へ刺さり、鎧ごと胴体を突き破った。彼が無造作に腕を振るうとずるりと抜けて、飛沫をまき散らす。

 戦う中で背が当たる。
 氷の像に触れたような感覚だが、身は竦まない。
「……分かっている」
 中身の無い器などではないことを、知っている。
『最大の弱点を克服したおまえは、必ずや魔王軍最強の戦士となれる』
 魔王軍で最も強い男がそう告げた意味。
 世辞という可能性は、検討に値しない。
 沈黙を守っていた存在が社交辞令を口にするわけがない。
 常時発揮できない力ゆえに評価の対象から除外するのであれば、話は単純だ。
 何らかの意味(ねつ)が込められているのならば――。
「分かっていたことだ……!」
 言葉とともに地を駆ける。
 力を込めて剛腕を振るうと、甲高い音とともに蒼刃が砕けた。
 上には上がいる。
 己よりも強い者がいる。
 頂は果てしなく遠く、距離はろくに縮まらないかもしれない。
 地に這い、屈辱とともに噛みしめた、厳然たる事実。
 改めて突き付けられれば完全に平静ではいられない。
 遠さが心身にのしかかり、闘志をかき消そうとする。
 だが同時に、燃え立たせもするのだ。
 己がどこまで上れるのか。
 残された時間がどれほどの長さでも、歩みを緩めはしない。
 炎が噴き上がるのを目にして、青年の結ばれた唇がわずかに緩んだ。

 躍動する剣と拳。
 神域の名器から奏でられるように、闘いの音が世界を満たした。

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

リンク