忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

L'Oscurita dell'Ignoto

SS『L'Oscurita dell'Ignoto』


 鬼岩城の一室を雷光が照らした。
 室内を歩むのは、影を織ったような人物だけだ。
 親衛隊のガーゴイル達を追い出し、寝台に横たわる男へと近づく彼の名はミストバーン。魔影参謀の肩書を持つ、魔王軍幹部だ。
 視線の先には、胸から血を流しぴくりとも動かない魔族。
 魔王軍を率いるハドラーはヒュンケルに倒され、運び込まれたのだ。
 苦悶の形相を浮かべて事切れた男を目にしても、ミストバーンに動揺は見られない。
 まるで傷んだ道具を観察するかのように 驚愕も哀惜も存在しない眼差しで見下ろす。
 事実、彼にとって、目の前の男は道具でしかなかった。
 そこそこ役に立ち、「修復」できるため長持ちする道具。
 ただの駒でしかない相手に対して、視線や声に熱が宿ることはないはずだった。
「……フン」
 低い声にこもった熱は、心地よいものではない。
 にじみ出る感情は、敬意と呼ぶにはあまりに暗いものだった。
 息絶えた魔族を見下ろす影の姿は、どす黒い炎を思わせる。

 心臓を貫かれ敗北したものの、ハドラーの実力は確かだ。
 恵まれた身体能力と魔力。
 一芸に特化した者には劣るものの、格闘と魔法の扱いの両方に秀でている。
 大抵の魔族が羨むであろう肉体と戦闘センスを併せ持っている。
 ハドラーは、それらを十全に活かしているとは言いがたい。
 実力が高いのは確かだが、それゆえに敵を侮り、つけ入る隙を与え、反撃に狼狽して追い詰められてしまう。
 そのような心構えでは、いくら力で上回っていようと苦戦は免れない。
 現在は、死しても力を増して復活できる特性をも備えているが、大幅な強化にはつながらないだろう。
 戦いに臨む姿勢が変わらなければ、多少力が増したところで効果は薄い。
 増幅された力に溺れ、心の脆さが露呈する可能性すら十分にあった。
 常人では及びもつかない高みへ上れるのに、ずるずると堕ちていくかもしれない。
「……」
 溜息が吐き出された。
 微かに指が動き、軽く握られる。
 ハドラーのような、強靭な体や豊かな素質を望む者はいくらでもいる。
 戦いぶりを見れば歯噛みする者もいるかもしれない。
 彼らは怒り、苛立ちながら、羨み、焦がれることだろう。
 持たざる者の思念が乗り移ったかのように、ミストバーンの眼光が一瞬燃え上がった。
 魔王軍の実力者らしからぬ眼差しを見る者は、誰もいない。

 ミストバーンは冷たい金属に覆われた手を差し出した。
 胸の傷に向けて掌をかざし、想いを巡らせる。
 精神面の脆さをある程度抑え込むだけでも、この男は強者となれるはずだ。
(もし、完全に克服すれば……)
 続く言葉の代わりに、空気がざわめいた。
 魔族がどんな道を歩むにせよ、今影のなすべきことは一つ。
 主の命に従い、復活させること。
「死の安穏すらお前を阻むことはできん」
 詠唱するかのように朗々と響く声。それは、神託を告げる口調に似て厳かだった。
 瘴気がミストバーンの全身から立ち上る。
 手に力が入り、指がピンと伸ばされる。
「闘い続けろ……!」
 掌の中央から暗黒の糸が伸びる。凝集した闇が、傷口に吸い込まれるかのように滴り落ちる。
 人形師が傀儡に糸を付けるのと似ているが、不気味さは比較にならない。
 屍に暗黒の力を注ぎ込む光景はおぞましく、邪神に生贄を捧げようとしているかのようだ。
 黒い雫はじわじわと死せる肉体の内部に広がってゆく。暗黒闘気が体の隅々まで行き渡り、死の淵から引きずり戻そうとする。
 音にならぬ音が響いた。
 鼓動が刻まれ、指がぴくりと動く。
 四肢が震え、酸素を求めるかのように口が開閉した。
 生命を取り戻しても、掌と体をつなぐ糸は途切れることなく力を送り込み続ける。

 意識を取り戻したハドラーと会話しながら、ミストバーンは闇の衣の裏で観察していた。
 ハドラーの目の中には恐れが潜んでいる。
 底知れぬ力を持つ主、大魔王バーンに対する畏怖。
 どれほど強くなるのか未知数の、己を脅かす使徒に対する恐怖。
 怯えるのは、同じ陣営の者に対してもだ。
 目の前の相手――ミストバーンも例外ではない。
 能力も、主の名を冠する理由も未知の相手を疎んでいる。
 魔王を名乗り世に覇を唱えようとした意気は感じられない。
 そう結論づけようとしたミストバーンだが、観察を続行する。
 死してもなお戦う運命を告げられた時、ハドラーは笑みを浮かべてみせたのだから。
「のぞむところよ……!」
 過酷な道を喜ぶかのような台詞に、ミストバーンは評価を改める。
 ハドラーの心には、彼を戦士たらしめる何かが残っている。
 現状では権力欲や保身を望む意思に追いやられ、心の隅で燻っているだけだが、火が点く可能性もある。
(驕りを捨て、真の戦士となったならば。その時は――)
 どれほど強くなるのか。
 その姿を目にして湧き上がる感情はどう変化するのか。
 それらもまた、未知数だった。

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

最新記事

(09/16)
(09/09)
(09/02)
(08/26)
(08/26)

リンク