忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

2017/10/15 拍手返信

拍手してくださった方、ありがとうございます!

>「顕正様おはようございます、今回は~」の方
男でも使えるんですか。
その場合たくましい胸筋で圧迫、窒息させるのでしょうか?
ぱふぱふが入ると、戦いを勇壮に描こうとしても台無しになりますね。
>主に恥をかかせた~ミストブーメラン
ギャ、ギャグだからセーフということで……。
シリアスだと首の骨をへし折って終わりです、多分。
負けたポップがある意味一番の勝者になりました。
ミストは体質的に肉体的な接触は求めなさそうな印象ですが、精神面ではどうなのかちょっと気になります。
幸せそうなカップルを見て羨ましいとか、イチャイチャ方面で相手が欲しいとか思ったことはあるのでしょうか。

魔王軍の読書感想文……読みたいです。
同じ本でも感想や評価がガラリと変わりそうですね。
復讐を扱った作品だとバランやヒュンケルが感情を込めて語りそうです。
メッセージありがとうございました!

『クミとクマ』をクリアしました。
クミ、グレ、ウェハースの主人公トリオはいいなあ。
クミは健気でいい子だ。
いきなり異世界に入り込みいきなり姫と間違われいきなり魔王退治をやらされるという過酷な境遇にも関わらず前向きなので応援したくなる。
ウェハースは真面目で頭が固いと思いきや、ハジけた本性を隠していた。
小さな女の子を守ろうとしただけでロリコン呼ばわりする気はありませんが、彼に関してはロリコンと言われても仕方ない気が。
グレは重要な役割を担っています。
プレイヤーが真っ先に思うであろう「戦う意思も能力も経験もない女の子に従者一人つけただけで魔王退治させるとか何考えてんだ」という疑問をぶつけてくれる存在。
彼がプレイヤーの代わりにツッコんでくれるからスッキリします。

彼ら以外で好きなキャラを挙げるなら……バニラアイス。
「人間など救いようのない、下等な生物!」でも「人間は素晴らしい、魔族より輝いてる!」でもなく、興味を持ちつつ距離を置く姿勢が気に入った。
この作品においては、これくらいの温度がちょうどいいかもしれまない。
主人公達の助けとなるべく体を張って戦った兵士やさりげなく助けようとする粋なメイドがいる一方で、安全な場所で陰口叩くだけで戦おうとしない騎士、人気のために英雄から功績を奪おうとしたお偉方などがいるからなぁ。
救いようがないとも素晴らしいとも言い切れない。
バニラアイスに話を戻すと、人間を脅威と見て敵対を避けますが、情報を掴んで立場を変える彼も十分恐ろしい。
キャラメル・パウンドの腕を切り落としたりウェハースを操って町を襲わせておきながら、ちゃっかり味方みたいなポジションに収まって生き延びたからな。
高い実力に加えて情報を得て立ち回る慢心のない姿勢は、露骨に人間を侮る魔族よりよほど脅威だ。
今後敵対しないことを願いたい。
改めて感想を書きたいなあ。

ついでに、人間を見下していながら人間にやられた魔王を見ると『B.B.ライダー』のルシファーを思い出す。
人間を散々侮っておきながら顔面に蹴り入れられた挙句情けない悲鳴を上げながらやられるって……。
ロンドが人間やめてる強さだと言われればそれまでですが。
シルバから離反し、敵対する道を選んだロンドですが、シルバを侮辱した相手に静かに怒りをにじませたのが熱い。
シルバも残りわずかな命を燃やして主人公との戦いに臨む姿がカッコよかった。
B.B.ライダーで好きな戦いを三つ挙げるなら、ニトス対シルバ、ロンド対ルシファー、ニトス対ヴァジュラになります。

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

リンク