忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

2016/8/7

拍手してくださった方、ありがとうございます!

サイトの方で『暗殺教室』の感想を更新しました。

『モブサイコ100』の肉体改造部を見て「ミストバーンはこういうの好きそう」、主人公を見て「便利な能力に頼りきらず肉体を鍛えようとするって尊敬の対象になるんじゃないか?」などと考えてしまう。
モブサイコは肉体改造部が好きです。霊幻師匠やエクボもいいキャラだ。

アニメといえば、ガッシュのアニメのBD-BOXが発売されるそうですね。
原作に沿ってファウード編をアニメ化してください、お願いします……!
キース戦エルザドル戦王をも殴れる男を見たくてたまりません。

バーン様の命を救ったザボエラに辛辣なミストバーンを考えると、「ハドラーがバーン様の命を救ったら全然違う態度取るんだろうなぁ」と思ってしまう。
ザボエラに対して功績は認めるものの、他の部分について侮蔑と嫌悪を隠そうともしませんが、ハドラーだったら認める通り越して絶賛しそうです。心の中で。
ザボエラいいなぁ。
幹部の一員に相応しい能力の高さ、その有能さを周囲からの評価ごとゴミ箱に叩きこむかのような言動、その中で光る技術者としての姿勢、改心しない悪役らしい足掻きっぷり、最初にそそのかして利用した相手に狙いを見抜かれ引導を渡される因果応報な最期、スッキリさせつつわずかにしんみりさせる空気……芸術的です。輝いてる。
ミストバーンとの関係も、心を揺さぶって普段見せない一面を引きずり出す稀有な存在です。
そんなこんなでザボエラも大好きな悪役の一人なので、もう少し評価されてもいいかもしれないと思いつつ、「周囲に理解されない被害者、武人が尊ばれる風潮の犠牲者」までいくかというと微妙です。
バーン様は途中存在を忘れていた気がしますが地位を与えましたし、ハドラーは脅しも交えつつ研究の成果を活かしていました。
ミストバーンも、パワハラ脳筋上司というわけじゃないでしょう。多分。
冷酷と言われれば、事実ですし褒め言葉と受け止められますが、「頭脳労働や研究者の価値をまるで理解していない筋肉至上主義者」かというと否定したくなる。

ザボエラに対して酷い仕打ちだと思われるのは、
・黒の核晶に関する返事を聞いた後の言動
・「たまには自分の手足を動かせ」
の二点でしょうか。
一点目は、ザボエラに対する評価を示しています。
「バーン様を救った功績だけは認めてやるが」とあるように、成果を無視しているわけじゃないんですよね。
超魔ゾンビ前後の反応も、能力は認めているようでした。
「私は絶対に信じぬ!」と告げるのも不思議ではない。
部下や同僚、上司まで露骨に道具扱いする相手に冷ややかな目を向けるのは当たり前としか。丁重に扱ったところで姿勢は変わらないでしょうし。
こうしてみると、一つ目は厳しい態度とはいえ、そこまでおかしくはありませんね。
もう一つの「自分の手足を動かせ」が問題になるのか。
研究などで貢献していますし、老人に直接的な戦闘力を求めるのは無茶だと言いたくなりますが、何も「研究捨てて鍛錬して殴り合え」という意味ではないはず。
手柄を求めて出てくるわりに他人の力を当てにして、上司部下同僚全てを踏み台にして自分は安全な場所にいようとする姿勢を指しているのではないでしょうか。
あの状況は、ザボエラが全力で戦い抜いてそれでも駄目で助けを求めたわけではなく、超魔ゾンビという切り札を出し惜しみして、ミストバーンに敵を押しつけて逃げようとしたわけです。
偉そうな態度を取っていたのに本気も出さずに逃げるようではキレたくもなるでしょう。
研究に打ち込んでいたら冷遇されたとか、頑張ったのに成果を丸ごと否定されたとかなら同情したくもなりますが、単純に、他人を散々捨て駒扱いしてきたしっぺ返しをくらったのでは。

というわけで、無茶苦茶な扱いではないと結論づけたいところですが……あそこまで罵る必要はないと言われればその通りですね。
ミストのザボエラに対するパワハラ疑惑を解消したくて考えてみましたが、力強く否定できない。
公正・公平な態度とは間違っても言えないからなぁ。
ザボエラの姿勢への嫌悪や侮蔑がこれでもかと描かれる一方で、能力や功績を認める様子は目立たないので、まとめて否定しているように見えてしまうんだろうな。
ザボエラほど露骨に踏み台扱いしない策謀家や研究者に対してどう接するか描かれていれば、軽視しているか否か判断できるのですが……。
「バーン様のために裏方で能力を活かします!」「研究の道で己の生き様を証明してみせる!」と主張するキャラにまで鍛錬や戦闘を強要するなら、手足を動かせ発言は文字通り受け止めるべきで、行き過ぎた脳筋上司と言われても不満はない。

……何故私はこんなにミストとザボエラの関係に頭を悩ませてるんだ。
ハドラーの最後の戦いをミストに見てほしかったなぁ。
バーン様かキルバーンが映像を記録していませんか?
肝心なところで映像が消えて「あれ? 録画失敗したかなぁ」と大げさに首をかしげるキルバーンに「直せ。早く直せ……!」と言いたげな視線を送るミストバーンを見たいです。
うごあああ二人が一緒に戦う光景を見たい!
魂を認めてくれた戦士との共闘に闘志を燃やすミストバーン!
気合入ってるミストバーンに負けじと力を高めるハドラー!
黒の核晶が埋め込まれていることに気づき動揺するミストバーン!
肉体の異変やミストバーンの様子に不吉な予感を噛みしめながらも戦い抜こうとするハドラー!
ともに戦うように命じられた理由を察して愕然とするミストバーン!
共闘からの決別となると、いっそう苦しむでしょうね。
霧の下の顔が見事にゆがみそうです。
それも見たいですが、一番見たいのは絆を築く光景なわけで……おのれ黒の核晶!
別の理由でハドラーと決別する可能性もありますが、黒の核晶の存在がとにかく致命的なんですよね。

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

最新記事

(06/24)
(06/18)
(06/10)
(06/03)
(06/03)

リンク