忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

2016/12/11 拍手返信

拍手してくださった方、ありがとうございます!

>名無し様
ルナさん誕生日おめでとうございます!
変わった後のレヴィエルなら、吸血鬼と化していようと、祝福するのでしょうね。
レヴィエルのその悩みは、幸せから生まれるものだと思います。
二人が穏やかに過ごす光景を想像すると……心が温まり、口の中が甘くなります。
レヴィエルが食べるケーキは、ほろ苦い味わいでしょうか。ルナは反対にしっかり甘いものを好みそうです。

私は、人間の頃のルナがウジウジ悩んでいるとは思いませんでした。
むしろ、首を絞められるなどの暴力や吐かれた暴言の数々を考えれば、異様なほどポジティブだと思います。
彼女の言動が批判されるのは、自分の手に負えないレベルの危険な状況に首を突っ込んで手を差し伸べるためではないでしょうか。
レヴィエルが危険人物だと分かった後も関わろうとしますし、自分だけでなく村まで危機に晒されるのに身を捧げようとしたり、他所で誘拐を繰り返しかねない野盗に情けをかけたり。
いざとなれば彼らを止められるだけの実力が備わっていれば、受ける印象も大分違ったでしょうね。
優しさは美徳ですが、明らかに危険な相手に対して、自分の身も守れない状態で振りかざすのは……と引っかかります。
とはいえ、医者志望のヒロインが、ホイホイ人を殺す相手を看過するのはアウトです。
甘いことを言うと反感を買い、容赦ない態度を取ると批判される、難しいポジションです。
何より忘れてはならないのは、ルナが「危険だから関わらずにいよう」「大人しくしていよう」と引っ込んでいたら、レヴィエルは変わらず、カオスも止められず、世界が滅びていた可能性が高いことですね。
数千年の間考えの変わらなかった魔神を変えるのは、あれくらい強引でないと不可能でしょうから、ルナはあれでいいと思います。
メッセージありがとうございました!

陽太の陽太らしさが加速する。
一応命の恩人に対して、死なないと分かっているとはいえマンションの崩壊に巻き込むのは容赦ないな……。
『ヒト喰イ』の蟻戦の再現。佐々木アキラも思い出しているのは熱い。
スミレがクラウド(笑)呼ばわりしたのは、教えられた通り呼んでいるだけでしょうけど、陽太はそろそろクラウド(笑)呼びをやめてやれよ。
『ヒトクイ』途中までの、冷酷で悪人顔の、疑わしい相手は葬る佐々木アキラなら仕方ありませんが、カメレオン戦で陽太を助けて命を落とし、『ヒト喰イ』を経てマイルドになっていますから。
現在の佐々木アキラの行動は横暴でも理不尽でもなく、大勢の人間が殺される可能性が高いから始祖体を止めるという真っ当なものですし。
ここまで佐々木アキラがやられっぱなしなので、カッコいいところを見せることを期待してます。

『ヒト喰イ』を読み返して思ったことを幾つか。

・悲惨な背景
『ヒトクイ』、『ヒト喰イ』のキャラは重い過去を背負っていることが多い。
須藤も「勝手に実験台にされ、人を殺す化物になってしまった」と書くと相当悲惨。
主人公をやれそうな背景です。
ですが、そんな重さを全く感じさせない。さすが須藤。
人を喰い殺す空間に入って真っ先にやったことが、空飛んではしゃぐことですからね。
犠牲者出す前に神崎に遭遇してよかったな……。
一人でも殺していたら、いくら命乞いしようと始末されたでしょう。

・カメレオンの嫌いなこと
そういえば、何故カメレオンは不用意に触れられるのが嫌いだったんだろう。
決定的な事件には見えませんが、金を稼ぐ中で負傷したことは語られたんですよね。そのせいか?
それにしてもカメレオンがぶちのめされるシーンはスカッとするな!
娘の仇にイイ笑顔で攻撃仕掛ける神崎が輝いてる。
・まず右腕を落とす
・背中を切り裂く
・逃げ出したら左足を切り飛ばす
・カメレオンに変身したらもう片方の足も切り離す
・巣の解除でダメージが消えたら自分の巣に引きずり込んで処刑やり直し
えっぐい……。
でも当然の報いです。

・佐々木VS田笠木を読み返して
田笠木は終盤の表情も好きですが、佐々木アキラに追い詰められ死を予感した時の表情も好きです。
偉そうな悪役が自慢の力を打ち砕かれて呆然とする様はよいものです。
そして、「諦めずに立ち上がってくれ……! 強敵として立ちはだかってくれ」と念じたくなる。
いやー、佐々木アキラと戦った時の田笠木は「力を得るために妹を売ったクソ兄貴」にしか見えないな。
妹に対して酷い発言しまくりで、読んでると変な笑いがこみあげてくる。
黒歴史絶賛生産中。田笠木も後で猛烈に悔やみます。
ただ、力に陶酔した台詞を除けば、この頃から妹への想いがにじんでいるんですよね。
再会を喜ぶ台詞を吐いたり、嘘つきと言われてちょっと黙ったり。
佐々木アキラが干渉しなかったらどうするつもりだったんだろう。
世界の正体を打ち明けて、一緒に行動する予定だったのか?
「他人の為に命を懸けるなんざ……馬鹿のする事だ!」
「この世界に守るべき価値のあるものなんて……ありゃしない」
この頃の田笠木に、しばらく後の姿を見せたい。

・田笠木が再登場してから
タコスラーメンを食べていたのは「タコ」という響きに惹かれたからだろうな。
世界のゆがみに気づき、自分の頭がおかしいのかと苦悩する様もいいですね。○○とは思えない。
敵対した相手とはいえ、躊躇なくナイフで目を刺しに行くあたり、かなりキレた感覚してます。
彼の他キャラに対する認識が酷い。
花岡:クズ
カメレオン:変態野郎
佐々木:クソ医者
カトレシア:巨乳、カトなんとか
妹以外に興味なさすぎィ!
花岡とカメレオンはいいとして、シズクを助けた佐々木やカトレシアはまともに見てやれよ。

誤解を解く時間がないため、嘘を吐いて遠ざけてでもシズクを守ろうとする田笠木が、スミレに嘘を吐いて守ろうとした陽太と重なる。
田笠木に名前を呼ばれて嬉しそうなカトレシアが可愛い。
喰イの田笠木と佐々木が打ち解ける様も見たかった。
命を懸けてシズクを守ろうとしたのも、未来が無いと自覚していながら戦ったのも、同じですから。
カトレシアの名を呼ぶ時や目覚めたシズクに駆け寄る時の、田笠木の笑顔が爽やかすぎて噴いてしまう。
「信じられるか……? 一話で銀行強盗して、裏切った仲間を喰い殺して、冷酷な笑みを浮かべていた男と同一人物なんだぜ……?」と言いたくなる。

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

最新記事

(07/15)
(07/08)
(07/01)
(07/01)
(06/24)

リンク