忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

2017/10/1 拍手返信

拍手してくださった方、ありがとうございます!

>「顕正様こんばんは、長編の修正~」の方
感想ありがとうございます!
>金属で出来た常識では考えられない生命体
確かにこの表現だと「メタルスライムや他の鉱物系モンスターは?」となりますね。
ヒムの体質のどういうところが本来あり得ないのか、ちゃんと説明できていません。
「全身が金属でできていながら光の闘気を操る」という表現に修正しました。
ご指摘感謝いたします。
言葉が足りていないことに自分では気づきにくいので、ありがたいです。

陰口を叩く魔族について今思えば、露骨にやられ役っぽくしすぎたかもしれません。
「偉そうな態度を取るだけの能力や実績はある」という造形や描き方ができたならば、深みが出たでしょうね。そういう展開を思いつかない己の力量不足を感じます。
ミストとヒムはハドラーを尊敬していてザボエラ大嫌いという共通点があるんですよね。
ミストとハドラーの共闘を一番見たいですが、ヒムとの共闘も見たいです。
普通に戦うと互いの力、強みを殺し合うことになりますが……。

>ミストはハドラーに拘っているというよりも
この話を書いた当時は「ハドラーのことをとても尊敬している」という認識でしたが、ブログに移って読み返した際、本当にこだわりまくっていると感じました。
黒の核晶が埋め込まれていると知って散々動揺したり、バーン様が追い詰められている状況でハドラーに感嘆したり。
最後の戦いを観られなかったことが残念でなりません。
>ハドラーから魂を継いだと言っても
まさに、ヒムはヒムです。内面は彼独自のものですね。
ハドラーのコピーならば誰よりもダイと戦いたがるでしょうし、ミストを寄生虫呼ばわりすることもなかったでしょうし。

>ラーハルト逃げて!超逃げてー!
ミストにとってラーハルトは器としてかなり評価が高そうです。
闘気は使えないものの、速度に任せて攻撃するだけで大抵の相手は対処不可能ですから。
体が壊れるほど力を引き出す必要も無さそうです。
メッセージありがとうございました!

グレイメルカ:「憎い国の人間は根絶やしにしてやる!」「直接関わっていなくても処刑する!」と恨みに燃える人が何人も登場

木精リト:罪を憎んで人を憎まず、償う意志があるなら尊重したい主人公

金田一少年:「愛する者を死に追いやった外道な連中を必ず地獄に叩き落とす!」と復讐に走る犯人多数
ときたので、次はほのぼのした作品に触れたくなりました。
そこで、『クミとクマ』というフリーゲームをプレイ。
小さな女の子がクマのぬいぐるみと魔王を倒す冒険に出るRPGです。
戦う意思も力もろくにない少女に魔王退治させるって大丈夫かこの国?
予言があるとはいえ、八歳の女の子にやらせる国王の正気を疑いたくなる。

月夜に響くノクターンも久々に少しずつ進めています。
進行に必須のアイテムとスキルリセットアイテム以外の錬金調合禁止で、ボス戦のみレヴィエルソロ。
ブレイブクリア報酬と宝箱、ドロップ運で難易度が相当変わります。
キツいのかキツくないのかよく分からない縛りですが、楽しい。

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

最新記事

(06/24)
(06/18)
(06/10)
(06/03)
(06/03)

リンク