忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

2017/10/22 拍手返信

拍手してくださった方、ありがとうございます!

>「顕正様こんにちは、今回は「インフィニティ」を~」の方
ミストと似た種族・体質のモンスターはたくさんいますよね。ミストと同等まではいかずとも、近いレベルで能力が備わっているものは他にいないのか、今後発生するのか、気になります。
仮に存在するとして、ミストと似たような考え方をするかどうかも重要ですね。
よくある憑依キャラみたいに「楽に強くなれるなんて最高! 器の力は俺の物!」となってもおかしくありません。
>心の底から尽くす心情をバーンが理解できない~
ミストがそうすることは把握・確信していても、実感や共感は湧かないでしょうね。
捧げられる側の存在、王として、振り返らず歩んでいくでしょう。
ミストの方もそれを望むでしょうね。

バーン様に限らず、敵陣営の主従関係がギスギスガタガタしていることが多いのは、ある程度は仕方ありません。
互いを想い合い強固な関係を築く盤石な組織だと、未熟な主人公達の成長が追いつかずに潰されます。
クリーンでホワイトだと悪の親玉らしくありませんし、主人公達と争う必要も薄くなります。
メッセージありがとうございました!

バーン様は竜や魔族を冷遇したという理由で神々を憎んでいる……。
ならば、神々が愛を伝えれば考えも多少変化するのでは。
つまり……膝枕すればいいのでは!?
駄目か。
竜だと体の構造上膝枕は難しいだろうな。

名前を聞いたことがあり、強くてカッコいい敵が出るらしいということで気になっていた作品、『Dies irae』のアニメが配信されているので視聴。
「詩的な台詞や詠唱が出ただけですぐ中二中二と連呼するのは……ホントに中二っぽい!」という、月夜に響くノクターンの時と似た反応に。
そういう要素が濃厚みたいなので、一度ハマればドップリ浸りそうです。
原作未プレイなので「チンピラと白い少年が戦った理由は?」「自分の身を案じた部下を淡々とぶん殴るって何考えてんだ」など分からないことも多い。
「まずは敵陣営の邂逅・結成を描いたんだな」「強くて有能だけど力を持て余していた軍人を怪しげな男が覚醒させたらしい」というざっくりとした理解になっています。
一番気になるのはボスらしき二人の間に友情があるかですね。
「黒髪は金髪を利用しただけで、終盤裏切ってラスボスを務める」というのがよくあるパターンですが、そういう関係ではなく本当に友情を感じていたり認めていると嬉しい。
現時点では強くてカッコいい敵と思われるラインハルトに最も注目していますが、0話の女軍人二人もいいなあ。
金髪の子はストレートに可愛いと思いました。赤髪の方は凛々しくて好きです。

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

リンク