忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

2017/10/29 拍手&メルフォ返信

拍手してくださった方、ありがとうございます!

>「顕正様こんばんは。今回は、「虚ろなる夢」を~」の方
もしバランが戦いの後も生きていたら、どうなっていたのでしょうね。
バランの力が無ければ地上は滅んでいたでしょうけど、それで恨みが消えるわけではないでしょうし……。
>魔界は何一つ状況に変化がない上に
>原作でもヒムとクロコダインとチウが
それらは、私が特に不満に思った二点です。
魔界の状況が変わらなければまた地上を吹き飛ばそうとする魔族が現れるかもしれず、大魔王の敗北を踏まえて密かに事を進められたら対処は難しいわけで……。
魔界の脅威を除いても、地上の今後に不満や不安を感じずにはいられません。
ヒム達が普通に人間と暮らしていたらダイが帰還できると思えたのですが、あれでは安心できません。
ポップ達は戦闘力の強化より状況の改善に努めてほしいです。
現実的に考えれば「無理」の一言で終わってしまいますが、結果が見えてもあがく、閃光のように生き抜くのが人間の生き方だと言うならば、こういう困難にも発揮して覆してほしいです。

何千年もかけた計画を潰されてもまたやり直そうと考えられるのは、もうポジティブというレベルを超えています。
もしダイの竜魔人化がなければ、今度は慢心せず計画を進めたでしょうね。
キルはバランに大魔王の作ろうとしている世界について語りましたが、神に対する台詞を考えると食い違っているように思えます。環境が環境だから殺伐とした考えになったものの、元は穏やかに暮らせるならそれでよかったのでしょうか。
キルの発言のズレは、バランとバーンが潰し合うよう過激な言葉を使って誘導したのかもしれません。
神々も何故ああいう分け方をしたのか……。
数や身体的特徴が違うのでどう分けようと平等にはなりませんが、ある程度公平に見える分け方をしてくれれば……と思います。
メッセージありがとうございました!

>灰羽連盟様
お約束だからと流していた部分に意味があると衝撃と感動を味わえますよね。
ミメイの登場がまさに当てはまります。
「いきなり変な女が現れた」という夜刀目線で語られ、ミメイに視点が移る頃には気になることが他に色々あるので、どんなふうに島に来たかまで考えません。
やってきたばかりの主人公が普通の宿泊施設ではなくメインキャラの家に泊めてもらうのもよくある展開です。
しかし冷静に考えれば、コゴリ退治を依頼されて訪れたはずなのに寝泊りに困るのも、ナギさんが知らないのも不自然です。
そもそも傘で化物が斬れる時点でおかしいのですが、少年漫画等で能力をぶつけ合うバトルに慣れているので疑問に思いませんでした。
清めてもらったとか特殊な素材でできているとかの説明もないのに、そういうものだと納得していました。
戦隊の方はほとんど知りませんが、魅力的な敵と聞くと気になります。
魅力と個性を備えた敵を乗り越える時、主人公達により熱さを感じます。
メッセージありがとうございました!

うおおノクターンをプレイしたい。
少し前に縛りプレイをしたばかりですが、攻略に気を取られてストーリーを味わう心境ではありませんでした。
武器屋と道具屋とメイドのいる酒場以外ほとんど訪れませんでしたから。
夢幻結界発動の際のカオスとシルフィールを想像するだけでしあわせつない気分になれます。
夢幻結界一つとっても妄想が広がります。
相手が誰でも、すぐに、発動できるのか。
それとも対象が限定されているのか。
契約などの準備が必要なのか。
……などなど考えたところでもう一度プレイしたくなりました。
フォーリングスター凍牙や狂神といったずっとこちらのターンになる戦法は使わないようにして、適度に苦戦したり追い詰めたりしつつストーリーを堪能したい。

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

リンク