忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

2017/5/28 メルフォ返信

拍手してくださった方、ありがとうございます!

>灰羽連盟様
対象の人物を詳しく知らず、言及しづらいです……すみません。
フェイスレスほど極端でなくても、似たような考え方の持ち主は現実にいてもおかしくないと思います。
それどころか、少なくない人間の心の片隅にフェイスレスや白面の者がいるんじゃないかと思えてきます。私自身も含めて。
フェイスレスの勝手な考え方、白面の者の輝く存在を妬む気持ちなど、超人的な能力を備えた人間や強大な妖怪でありながら「近い」感情を見せるからこそ心に残ります。
彼らに共感を覚えつつ、そうならないように気をつけたいものです。
メッセージありがとうございました!

『グレイメルカ』本編をクリア。
6章が出現しましたが、プレイするのは後にします。
各話のロードを使って仲間との会話やボスとの会話をなるべく見ておきたい。
何より、ジェライとの対決時の会話を回収したい。

好きなキャラは頂上でフィアカルタとジェライが殴り合ってます。超筋肉で。
好きなキャラのフィアカルタですが、妻を殺害された復讐に攻め込んだ点は批判されて当然です。
作中でも指摘されている通り復讐の範囲を広げすぎです。犯人や関係者だけでなく国全体を敵視するのはやめてください。
その国の一般人が殺害して他の人間も平然としているような、国全体の意識が問題なら分からなくもないですが、犯罪者集団がやったことで肯定されてはいない。

フィアカルタに限らず、この作品では「まとめて滅ぼす!」と対象広げた復讐に燃える者が何名も出てくるんですよね。
物騒な発言を繰り出すフィアカルタは「正面から挑み」「非戦闘員への攻撃を控える」分かなりマシという魔境。
次第に丸くなり、人間嫌いも改善されます。
頭に血を上らせて「許さん!」と鼻息荒く叫ぶ奴はまだいい、本当に恐ろしいのは戦う意志も力もない者をも淡々と葬る奴だ。
「○○人が憎い!」から「仇は××だ」に変化したフィアカルタは話が通じる方です。
主人公に「大王は好きだけど」とサラッと言われて困惑するなど、可愛げのあるところも。

ジェライは渋い。
作者の方から「前方ハゲ」と言われようとカッコいい。
毛髪減って魅力増してる。
武人の誇りを語るだけあって、製造方法がえげつない武器を使わずに戦う男。
武人の称号を捧げたい。
「敵だから仕方ないけど、そこまで主人公達を否定しなくても……頑なだなー」と、高潔通り越して頭硬すぎないかと思うこともありましたが、帝国を守ってきた誇りがありますからね。向こうにも。
下っ端ならともかく、防衛隊長という重大な責任と信頼を背負っている人間が簡単に敵に心動かされたらまずい。
それでも彼との戦いではスポポンドと同じことを思いました。
惜しいぞぉぉ、お前はここで死ぬような人間じゃないぞおぉ!
倒された時悔いはなさそうでしたし、あそこで退場するのが綺麗な結末だと思いつつ、やっぱり仲間になってほしかった。
そう思っていたらマスターモードでは仲間になるとのこと。しかも強キャラらしい。
ハードモードをクリア+マスターモードを終盤まで進めないといけないという高すぎるハードルが無ければ……!

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

リンク