忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

2018/3/11 メルフォ返信

拍手してくださった方、ありがとうございます!

>灰色の羽様
八木先生の『エンジェル伝説』→『CLAYMORE』の変化には驚きました。
エンジェル伝説で、北野君が超人的な身体能力を発揮するシーンを読んで半分冗談で「バトル漫画も読んでみたいな」と思っていたら実現したわけですから。
異世界ファンタジーのバトル漫画。しかも終始シリアス。
全然作風が違いました。
>こういういろんな作風を~
様々なジャンルに当てはまりますね。
ゲーム音楽を作曲なさっている下村陽子さんに対してそう思います。
プロレスっぽい曲から神秘的な曲、コーラスなどが入る壮大な戦闘曲、イベントシーンでの感情移入を促す切ない曲など幅広い作風で「すごい……!」としか言えません。
メッセージありがとうございました!

からくりサーカスがアニメ化!?
嬉しいけど複雑! でも嬉しい!
思わず「……で、尺はいかほどいただけるんで?」と呟きたくなりましたが、今はただ喜びたい。
「歴戦の強者感漂うカッコいい老婆」
「その婆さんの復讐劇」
「サーカス」
「人形遣い」
「主君に忠実な自動人形達」
「自分を信じて夢を追い続ければ、夢は必ず叶う!」
こういった要素・言葉が心に響いた方はぜひ……「ぜひ」。
さらに『大神 絶景版』がSwitchで発売されます。
ベヨネッタ3の発売まで天使達にお仕置きをくらわせる日々かと思いきや、妖怪退治もしないと。
ずっと前から絶景版が気になっていたのですが、とうとう踏ん切りがつきました。
PS2でプレイした時点で「独特なグラフィックがすごいなあ」と思ったので、どうなっているか楽しみです。

『1000円ヒーロー』28話感想。
残金の無い千がベルトを持ってもなあ……変身できるんでしょうか?
火傷の手当てにナチュラルに麗華呼ぶ千にちょっと笑ってしまった。
寄生しておきながら偉そうな怪人を見ていると「ダイ大のミストが見たらどんな反応するんだろう」と考えずにはいられない。
よく回る舌だなと思っていたら本人も自覚がある模様。
麗華の回想でレディブレイズが登場しました。
麗華の家が襲撃された時の様子は詳しく描かれるのでしょうか。彼女の境遇を思えば正義を貫こうとしたのも、麻衣に対して優しいのも頷けるので触れてほしい。
一件落着に見えましたが、怪人は滅んでいない。
麗華のどす黒い笑顔……大好きです。ミストマァム的な魅力を感じる。
ただでさえ精神的、社会的に追い詰められているマッハマンを、今度は肉体的に追い詰めてやがる。
いいなあ、ゲスい怪人。見ていて興奮します。
こういう外道は、ヒーローの全力の攻撃ぶち込まれた惨めな最期までセットで好きになる。
サイトの方と全然展開が違ってどんな風に決着がつくか分からない!
続きが気になる。

私は悪役を好きになることが多いのですが、『1000円ヒーロー』において現時点で好きなキャラは軒並みヒーローです。
悪役である怪人は、クズ・ゲス・外道方面で「おっ、いいな」と輝きを感じるキャラが複数いますが、ストレートに強くてカッコいい、尊敬したくなる敵は今のところいない。
この世界の怪人は基本的に「人間襲ってストレス発散! ヒーローコケにするの楽しい!」という姿勢で、本能・衝動に従っているので、武人や忠臣タイプは登場しづらいんですよね。
ただ、もやし怪人のヴァイタミンは近い存在かもしれない。
強者との戦いを求め、変身するのを待ってくれますから。
外見がもやしであることと、失言したおっさんを狩ろうとしたことから武人とは思いづらいですが、再登場が楽しみであることは確かです。

中佐と蝶は使わず、アルフヘイムを発見時点で達成しつつベヨネッタの1をクリア。
チャプターの評価はプラチナやゴールドで、PPを取れませんでした。どれほど蝶に頼っていたかが分かる。
ジャンヌ最終戦のある14にいたっては回復アイテムまで使ってボロボロ。ギリギリゴールドは取れましたが、正直プラチナ取るためにやり直したくない。
四元徳戦が全員ゴールドだったのが悔しい。後で蝶を使ってPP取り直したい。
ロダンの店で購入した技はエアダッヂ、アフターバーナーキック、ウィズイン系のみ。
あとはムーンパールとウィッチハートにつぎ込みました。
アクセサリーは守護蝶買いたいのをこらえて絶望を真っ先に入手。
改めて噛みしめたのは……ジャンヌ最終戦前とラスダン内のシューティングは許せない。ジャンヌ戦前のは長くてラスダンの方は楽しめる要素皆無。
惑星避けなどの即死もやめてほしいですし、1は面白い要素・盛り上がる要素と勘弁してほしい要素、どちらの度合いもクライマックスです。
無論、前者……天使達を豪快にしばき倒す快感が上回っているのが大前提です。

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

最新記事

(07/15)
(07/08)
(07/01)
(07/01)
(06/24)

リンク