忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

2016/11/20

拍手してくださった方、ありがとうございます!

定期的にハドラーの最期の戦いを観戦するミストバーンを見たいという衝動に苛まれるのは何故なんでしょう。
「ミストバーンとハドラーの会話等を見たくてたまらない病」の症状か……。
仮にミストが観ていたら、ハドラーを応援するだろうな。
バーン様にとってより大きな脅威であるのがダイの方だからですが、そういった事情を抜きにしても応援しそうな気がしてならない。
竜の騎士親子との戦いの時並みに感情を見せそうです。

あー、ムードたっぷりに壁ドンする封印解除ミストバーンを見たい。
敵の体を掴んで無造作に振り回し、壁にドォォンと叩きつけて盛大に陥没させ、ずるずると床に落ちる体に目もくれず静かに歩み寄り、大ボスムードを醸し出す姿を見れば、心臓が高鳴りそうです。

マーロウとメニャーニャにはねこみみを装備させる、それが私のルール。
そして、マリオンにはあえて虎耳を装備させる。
それによって「威圧感を出そうと精一杯考えた結果虎耳に辿りついたマリオンちゃんかわいい!」を演出できる!
変わった装備品があると、使用する背景を考えたくなりますね。
マーロウがねこみみをつけるのは怖い顔連呼されたのが地味にショックだったから、とか。
ちなみに、一時期マーロウは耐性を優先してエプロンみたいな防具を装備していました。
ねこみみとエプロンつけた顔の怖い狼おじさんがゲームブック片手にクラウ・ソラスを振り回すという異様な光景が展開されていました。
以前敗れた中ボス相手にバフ積んだ雷狼を叩きこんだ時はものすごく気持ちよかった……!

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

最新記事

(06/24)
(06/18)
(06/10)
(06/03)
(06/03)

リンク