忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

2016/4/3

拍手してくださった方、ありがとうございます!

ウィッチトライアルで、ローサ+時の腕輪+PKPでベヨ・ジャンヌコンビに辿りつきましたが、そこで死にました。
時の腕輪発動の合間に攻撃くらって動きが止まったところに追撃がきて終了。
ローサは体力・防御力が紙同然なので、二発か三発で逝く。
火力が高くてサクサク進める分、終わる時も一瞬です。

相変わらず唐突に疑問が浮かびました。
もしミスト本体が必要に迫られてザボエラを乗っ取って戦うしかない事態になったら、どんな反応を示すのだろう。
何の根拠もないのですが、嫌がりそうな気がする。
肉体の性能を引き出すミストにとって、やりやすいのは剣士や武闘家でしょうけど、肉弾戦に向いてないというだけで否定はしないはず。
普通の魔法使いなら「器には適していない」と評しつつ、割り切って戦いそうです。
……何故ザボエラには嫌がるイメージが湧くのだろう。
ゴリ押しタイプだから策謀家っぽいキャラとは相性が悪い、で片付く話ではないだろうな。
汚いだけ、搦め手を使うだけならあんなに毛嫌いしない印象が。
そもそもザボエラを策謀家と呼べるのかどうか。
ザボエラの言う「合理的・効率的な行動」は、周囲の……特に同じ陣営の感情や反応が考慮されていないからなぁ。
合理性や効率を重視するならその辺まで計算しないと不十分だと思う。余計な反発招いて足引っ張られたら効率落ちますし。
反応等も踏まえて策を練ってこそ策謀家と呼びたくなりますが、そこまでいかないのが彼の魅力かもしれない。
……改めて考えると、私は酷いこと言ってますね、ザボエラに対して。

ミストの反応に話を戻すと、
マァム:まずまずの反応
ヒュンケル:豹変レベルで浮かれる
なんですよね。
ザボエラに対しては嫌がりそうですが、ハドラーだとどうなんだろう。
ハドラーを乗っ取ろうとするシーンを見たいなぁ。
自分でも考えようとしましたが、返り討ちにされる可能性が高く、ミスト退場は何度も書いたから「またか……」感が漂う。
・「道具発言は評価の裏返し」説を唱える。台詞を若干変更しつつ原作の流れに沿って死亡。
・「こんな感じの最期だったらなあ」と妄想を膨らませる。弟子と精神世界で一騎打ちした果てに死亡。
・「ボロボロになるまで戦い抜いて退場してほしい」という願望を炸裂させる。ヒュンケル到着と同時に死亡。
・「浮かれてるように見える言動はこういう心情・理由で……」という要素が多め。台詞を若干変更しつつ原作の流れに沿って死亡。
……多いな!
何回死んでるんだ。
曖昧でカウントしなかった話も含めるとさらに増える。
とにかく、ハドラーに憑依する場合の反応を知りたい。
ザボエラとは別のベクトルで嫌がるのもいいかもしれない。
普通に戦って倒すのではなく、忌まわしい能力を使って「自分の魂を認めてくれた」「最高に尊敬している戦士の」「魂を消して自分の傀儡に」するわけですから。

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

最新記事

(06/24)
(06/18)
(06/10)
(06/03)
(06/03)

リンク