忍者ブログ

ひよこの足跡ブログ

漫画やゲームなどの感想を書いています。 ネタバレが含まれることもありますので、ご注意ください。

8/2

拍手してくださった方、ありがとうございます!

『黒博物館 ゴーストアンドレディ』を読みました。
詳しい感想は別の記事で。
シェイクスピアの台詞を引用するグレイに、からくりサーカスのギイを連想した。
霧が集まったような、熱を留めておくことのできない存在……ミストみたいですね。
ミストもバーン様と出会って熱を感じたのかもしれない。
出会いを細かく情熱的に語ってくれないかなー、キルバーンに。
「……というわけで、温度を感じにくいこの体で芯から“熱い”と感じたのだ!」
「あ、うん、キミが沈黙を命じられていた理由が分かった気がするよ……」
こんな感じで、キルバーンを若干引かせる勢いで熱弁を振るえばいいなぁ。
キルバーンがシェイクスピアの台詞を引用したら様になりそうです。
罠から逃れたと喜んで叩き落とされた相手に「期待はあらゆる苦悩のもと」と嘲笑ったり。
ミストは「悪口を言われて我が身を正すことのできる人間は、幸せと言うべきだ」が合うかもしれない。
「この世は舞台なり。誰もがそこでは一役演じなくてはならぬ」が似合うのはどのキャラだろう。
……バーン様かな。最後まで大魔王として生き、退場したので。
グレイの爽やかな笑顔を見て、ミストバーンが爽やかに笑ったらと妄想してみた。闇の衣や本体だと表情がわかりにくいので封印解除状態で。
……違和感凄まじいですが、怖いもの見たさで見てみたい。
といっても、ああいう笑みを浮かべる状況なんてさっぱり浮かばない。
バーン様に褒められたらかしこまりそうですし、キルとかハドラーとか近い立場の相手なら……キルには「フッ」とかニヤリと笑うでしょうし、敬意を抱くようになったハドラーに対しては笑うどころかほとんど会話していない。
互いに嫌っているわけでも関心ないわけでもないのに、距離が……。ただの同僚で片付くほど遠くはないが友人と表現するには抵抗感がある、絶妙な距離感。
友情が芽生えかけていたのかどうか曖昧です。

ベヨネッタで自分のプレイを振り返ると、使うコンボが限られています。
PKP、PPKKK、PPPKKK、PPPPKのどれかです。
焦るとPKPばかり使ってひたすら吹き飛ばそうとする。
中佐ありだと足につけてPPPPKに頼りまくり。
PPKPで空中に打ち上げてアフターバーナーキックで追撃、空中コンボを数発入れてTAで〆……など一連の動作を意識せずこなせるようになればなぁ。
さらにディレイを織り交ぜたり、戦闘の途中で武器切り替えを活用できたらスタイリッシュだろうな。
イージーでゴールドだった6と12を絶望装備で再チャレンジしてプラチナにしました。
それと、以前ハードでプレイした時に鬱陶しかった節制と正義にリベンジ。
……百烈中佐で。
普通のPPPPKでも十分強いですが、百烈だと敵の体力がゴッソリ減るしコンボポイントもモリモリ稼げる。
PP取るのが楽になりますし、何より爽快……!
しかし、どこか虚しい気持ちが。
おそらく意図された仕様じゃない、裏技みたいなものなんですよね。
自分の実力でPP取ったぞと胸を張れない。
この気持ちを増幅させれば、ダイ大のミストの感じた虚しさになるんだろうか。
引っかかるので百烈中佐無しでやり直しました。
といっても、手スカボロ足中佐のPPPPKメインで、時の腕輪まで持ち出すゴリ押しプレイです。
節制は顔面戦までに、正義は序盤の雑魚戦で魔力を稼ぎ、時の腕輪を発動させつつ中佐で蹴りまくって一気にたたみかける!
自分は一切傷つかず一方的に相手をいたぶれる……ザボエラの気持ちが味わえますね。
とてもゴリ押しでしたが、PPゲット。

アニメうしおととら第四話感想。
冒頭から何人も人間が死んでいく光景を見て、「そういえば容赦ない漫画だった……!」と思い出した。
日崎御角と井上真由子はそっくりという情報……こんな序盤から出ていたんですよね。
人間を食べようとして失敗するとらの描写がコミカル。やろうとしていることは恐ろしいのに、表情や行動が……。
とらと真由子の出会いが印象的。
何度も口にする「おまえはわしが喰うんだ」という台詞の意味が、終盤はガラリと変わるんですよね。
自分が間違っていたと知ったら素直に謝れるうしおはいいヤツです。
最後のじいさんの呟きがなくなったのは残念ですが、次話の展開を考えると、あったら違和感が出たかもしれません。
この時点では人間の命を何とも思っておらず、うしおを殺す気満々ですから。
これまでうしおを助けたのも、情が湧いたからではなく、本気で喰うつもりの行動ですし。

おまけに、ベヨネッタ攻略の続きをもう少し。


足場ダメージやウザい敵に悩まずに済むチャプター1とチャプター2を、難易度ノーマル、スカボロメインで進めます。
以前は中佐つけて蹴りまくっていたので新鮮です。
長の証とGMPに頼りっぱなしだったので、この二つは無しで。
代わりに絶望を装備すると今までとは違った感覚が味わえます。
じゃあ蝶も外せよと言いたくなりますが……怒り狂った敵の攻撃がザクザク刺さる。
守護蝶なしで進めるならモスウィズインのみWT発動のジャンヌの方がよさそうです。
ノーマルだと絶望ありでもまだ楽ですが、アルフヘイムは外さないとキツイ。
そして、コンボが途切れたり時間が足りなかったりダメージくらったりしてチャプター全体のPPは取れない。
PPを無理に狙わずプラチナ内で以前の記録を更新するくらいの姿勢でやるのが楽しそうです。
以前は全体でプラチナ取ることすら難しく、コンティニューをフル活用しましたから、一応少しは上達しているはず……多分。

拍手

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

最新記事

(10/14)
(10/07)
(09/30)
(09/30)
(09/23)

リンク